Pythonで配列の使い方

Pythonでの配列の使い方メモ。

配列の宣言・要素の追加

配列を宣言

colors = ['red', 'green']

要素を追加

appendメソッドを使って要素を追加します。

colors = []

colors.append('red')
print colors
# ['red'] 

colors.append('green')
print colors
# ['red', 'green']

要素の取得

index値を指定して取得

colors = ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

print colors[0]
# red

print colors[2]
# blue

最後の要素を取得

index値として-1を指定すると最後の要素を、更にマイナス値を増やすと逆順に要素を取得します。

colors = ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

print colors[-1]
# yellow

print colors[-2]
# blue

配列の結合

結合結果を上書き

extendメソッドを使って2つの配列を結合します。

colors1 = ['red', 'green']
colors2 = ['blue', 'yellow']

# 配列1に配列2を結合
colors1.extend(colors2)

print colors1
# ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

新規配列変数に結合する

元の配列値は残したい場合。配列を加算して2つの配列を結合します。

colors1 = ['red', 'green']
colors2 = ['blue', 'yellow']

# 配列1と配列2を結合した配列3を生成
colors_new = colors1 + colors2

print colors_new
# ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

配列要素分ループさせる

要素のみ取得するループ

colors = ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

for color in colors:
    print color

# red
# green
# blue
# yellow

要素とインデックス値を取得するループ

colors = ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

for i, color in enumerate(colors):
    print i, '-->', color

# 0 --> red
# 1 --> green
# 2 --> blue
# 3 --> yellow

逆順ループ

colors = ['red', 'green', 'blue', 'yellow']

for color in reversed(colors):
    print color

# yellow
# blue
# green
# red

-Python


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事