WEBサイト SEO SEOで大事なポイントは?

-


Topページ  >  お勉強  >  WEBサイト  >  SEOで大事なポイントは? 

SEOで大事なポイントは?

SEOを意識する際の大事なポイントを、Webや雑誌などから集めた情報をまとめてみました。

ただし、以下の点に注意して読んでください。

ここに記述されている内容は、100%の正解ではありません。
参考にした情報を記述した人も実際の検索サイトエンジンの仕組みを知っているわけではなく、テストした結果から予想をしていると思われます。
また、検索エンジンは日々進化していますので、情報が古くなっている可能性もあります。(記述は2009年3月25日現在)

どんどん更新していきますが…追いついてなかったら申し訳ありません…





1. 外部的な要因。

他の人のホームページからリンクしてもらうこと(これを被リンクといいます)は非常に重要です。
ただし、被リンクの数が多ければいいというものではありません。
以下の3点が重視されます。

[相手のランク]
被リンクページのランクが高ければ、自分のランクも上がります。
『レベルの高いサイトからリンクされた』=『リンクされたサイトもレベルが高いサイト』という考えでしょう。

[被リンクキーワード]
リンクに記述されているキーワードも重要です。
キーワードに『料理』と記述されている場合、検索エンジンは料理に関するサイトだと認識し、『料理』という検索単語に対してポイントを与えるようです。
『リンクする人は、リンクするサイトの本質を突いたキーワードを記述する』という考えでしょう。

[サイトの関連度]
被リンクサイトが同じテーマを扱っていることも重要です。
『料理』を多く扱っているサイトからリンクされた場合、検索エンジンは料理に関係が強いサイトだと認識し、『料理』という検索単語に対してポイントを与えるようです。


2. 内部的な要因。

HTML(XHTML)の記述が正しく行われていることも重要です。

[CSSデザイン]
検索サイトのクローラーは、サイトのHTML(XHTML)を解析して重要度を決定します。
このため、クローラーが解析しやすいHTMLである必要があります。
<table>タグを使用してデザインしたHTMLは本文とデザインが混在してしまい、クローラーに嫌われる傾向があります。
HTMLに記述するのは、最小限のタグと本文にとどめ、デザインに関する記述は外部CSSファイルに行います。

[タイトル]
タイトルタグに記述された文言は重要視されます。
タイトルをホームページ名とかにするのはやめて、関連するキーワードを記述しておきましょう。
このサイトも昔、全ページのタイトルを『誰かのホームページ』にしていました。
その時は、ページランクは高くてもあまり検索にひっかかりませんでした…

[見出し]
コンテンツの構造によって、Hタグの記述を行いましょう。
大見出しに記述されたキーワードの方が、検索対象文字として重要視されます。

H1 … 大見出し

H6 … 小見出し


[強調]
strongタグによる強調文字も検索対象文字として重要視されます。





Topページ  >  お勉強  >  WEBサイト  >  SEOで大事なポイントは? 






-