WEBサイト 携帯サイト 携帯電話の勝手サイトで課金をさせたい場合

-


Topページ  >  お勉強  >  WEBサイト  >  携帯電話の勝手サイトで課金をさせたい場合 

携帯電話の勝手サイトで課金をさせたい場合

モバイルの勝手サイトで、課金のシステムを構築する場合の注意点です。





1. 携帯キャリア決済はできない。

勝手サイトの場合、携帯電話料金と同時に引き落としを行ってくれる「キャリア決済」は使用できません。
このキャリア決済は、ユーザーには非常に便利な機能ですが、公式サイトにしか対応していません。

もっとも、過去、DocomoとSoftBankは勝手サイト用のサービスも行っていたようです。
Docomoのサービスは「ドコモ ケータイ払い」、SoftBankのサービスは「S! まとめて支払い」。
Docomoは、2008/4/30以降、加盟店の募集を行っておらず(参考)、SoftBankは2007/7/31に勝手サイト用のサービスを終了しました。(参考

どちらも理由は「公式サイトを充実させるため」だと言われています。
公式サイトと勝手サイトの差別化を図り、公式サイトに誘導する…というビジネスモデルでしょうか…

ちなみに、auのキャリア決済「まとめてau支払い 」は、最初から公式サイトだけをターゲットにしたサービスだったようです。



2. じゃあ勝手サイトの課金はどうする?

携帯キャリア決済が行えない以上、クレジットカード決済、Webマネー決済などの代行サービスを行っている会社を使用せざるを得ません。

自分は、代行サービスを選択するポイントは、以下の4点かと考えています。

〃荳冓法種類が多いか?
 便利な携帯キャリア決済に対抗するために、決済方法種類の多さで対応しましょう。
 ※クレジットカード決済、電子マネー決済、コンビニ決済、Pay-easy決済、銀行振込決済、などなど

▲スタマーサポートが充実しているか?
 お金が絡んでいることなので、ユーザーからのクレームは怖いかと思います。
 24時間365日対応を行っているところがいいかと思います。
 なにげに電話対応を行っているか?というのも大事。
 メール対応のみだと、解決までに時間がかかってしまいます。

セキュリティ対応がしっかりしているか?
 取得しているセキュリティ規格を確認しましょう。
 ※プライバシーマーク、ISMS、TRUSTe、などなど

づ然、かかるお金も大事。
 初期費用、月額基本費用、課金発生ごとの手数料。など会社により異なります。



3. こんなワザもあり。

勝手サイトでキャリア決済を行う方法もあります。

例えば、SoftBank PaymentServiceは、Docomoとの契約しているので、「ドコモ ケータイ払い」に勝手サイトが加盟するための推薦権?を持っています。
(当然、別途Docomoによる審査がありますが)

SoftBankに関しても(関係会社なので?)キャリア決済が可能になっています。

つまり、SoftBank PaymentServiceと契約すれば、あとはauで公式に入ってしまえば全キャリアでキャリア決済が可能になります。

それと、PAYGENTを使用すると全キャリアでのキャリア決済も可能なようです。
各キャリアでの審査は必要なのか?auはなぜ対応しているのか?
今後調査して記述します。





[WEBサイト - 携帯サイト - Tips]



Topページ  >  お勉強  >  WEBサイト  >  携帯電話の勝手サイトで課金をさせたい場合 






-